養命酒は不妊治療に効果がある?

ネットでは「養命酒は不妊治療に効果がある」とか、「養命酒を飲んだら妊娠した」という口コミがありますが、それは本当なのでしょうか?(養命酒と妊活については、「養命酒を飲めば妊娠しやすい?養命酒に妊活はありなのか?」を参考になさってください。)

養命酒のホームページによれば養命酒は胃腸虚弱や食欲不振、血色不良、冷え症、 肉体疲労、虚弱体質、病中病後などに効果・効能があると書かれています。

そして滋養強壮にも効果があり、ストレスからくる自律神経失調症にも効果があるとのことです。

養命酒に含まれている生薬「芍薬(シャクヤク)」は、婦人科疾患によく用いられますが、血液を滋養し子宮や卵巣の働きを良くする働きに優れていて、生理不順や生理痛などの婦人病に効果があります。

また、「紅花(コウカ)」という生薬は血流を良くする働きがあり、血行障害による生理不順、生理痛の改善などに効果があります。

そして「桂皮(ケイヒ)」という生薬は血液の循環を良くする働きがあり、体を温めて体の冷えを緩和する働きに優れています。

漢方の考え方によると「不妊」の原因は体の冷えからくるものだと考えられていますし、子宮が冷えると不妊症になる可能性が高いと言われています。

ですから、これらの生薬の効果が不妊に効果があるということなのかもしれません。

養命酒を飲むことで体の隅々まで血流がアップして、体の中から温まることで、子宮や卵巣なども温まり妊娠の可能性も高まる、ということになるわけですね。


冷え性気味だった私も、かつて妊娠前や妊娠中は「体を冷やさないように」とよく周囲から言われていました。

できるだけ体を冷やさないように冷たい飲み物や食べ物を避けるようにしたり、夏でもなるべく薄着を避けたり、時には鍼灸に通ったりと、とにかく体を冷やさないような努力を怠りませんでした。

また、私は妊活を始める前は養命酒を飲んでいましたが、妊活をはじめてからは養命酒を飲むのをやめ(お酒なのでとりあえず避けました)、食生活や日々の温活に力を入れました。

ですので、私の場合、養命酒が妊娠に繋がったのかというと、正直わかりませんが、妊娠できたのは紛れもない事実です。


養命酒を飲んで体の冷えを解消して妊娠できるかというと、こればかりは個人差だと思いますが、「養命酒はなぜ冷え性に効果があるの?」のとおり、養命酒は子宮や卵巣を温めてくれ、不妊の原因のひとつを取り除いてくれるのは間違いないので、やらないよりはやったほうがいいと思います。

でも、中には、アルコールが苦手な方や、養命酒の独特なにおいや味が苦手という方もいらっしゃると思います。

そんな養命酒を飲みたいけど飲めない、という方におすすめしたいのが『豊潤サジージュース』です。

プレ更年期の症状にも効果のある豊潤サジージュース

私も試しに飲んでみましたが、養命酒のような即効性はありませんが、飲んでいると冷え性がだんだん改善されて体調もよくなり、養命酒と同じような効果を感じることができました。

今なら、数量限定で1,000円でお試しできます!

詳しくは⇒⇒⇒ 養命酒と同じ効果!冷え性におすすめの豊潤サジージュースお試し【数量限定】はこちら


サブコンテンツ

このページの先頭へ